『ホルモン』の通な食し方

『肉を焼き、タレをつけて食す。』ただそれだけのシンプル極まりない料理ではあるが、店によって焼く人によって、その味わいは千差万別。肉の鮮度によって調理法があり、肉の部位によって焼き加減があり、食すタイミングがあり、タレや調味料の調整がある。合わせて、旨味を引き立てる相性の酒があり、客人の体調と腹加減、さらには合間に組み合わせるキムチやキャベツなどとのコンビネーションがベストな状態でマッチした時、ホルモン焼きの至福の旨さを堪能することができる。短時間で、その域に至るには、通人の極意を盗むことが近道である。